AGAとは

AGAとは

AGAとは男性の頭髪に抜け毛や薄毛をもたらす病気のこと。そもそも薄毛の原因には様々な可能性が想定されますが、このAGAを発病すると額の両サイドが剃り込みを入れたように薄くなってMの字を描くような状態となったり、あるいは頭頂部から徐々に薄くなってOの時を描くようになるなど、男性ホルモンの影響が出やすい部位に症状が現れがちです。

 

その基本的な発祥のメカニズムは少々複雑です。まずは精巣で作り出されたテストステロンと言う男性ホルモンが体内を巡る中で頭皮にある5αリダクターゼという酵素と出会って反応しあうことでDHTという物質を分泌します。このDHTと同じく頭皮にあるアンドロゲン受容体が結合すると瞬間的に頭髪が過剰な反応を始め、毛細血管を流れる血液が持つ栄養分を補給しない状態となってしまいます。こうやって頭髪が栄養不足に陥ることで成長サイクルが乱れ、次第に抜け落ちていってしまうのです。

 

根本的なAGAの原因としては遺伝も大きな要素を占めると言われ、特に母方の遺伝子の中にアンドロゲン受容体をたくさん有する情報が含まれていると、DHTと結合して反応する総量も大きなものとなり、頭髪の過剰な反応もより強いものとなります。このようにしてAGAによる深刻な薄毛症状がもたらされるのです。

AGAとは記事一覧

AGAの原因

AGA(男性型脱毛症)の原因には様々な点が指摘されていますが、直接的な原因となっているのはジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる男性ホルモンの存在です。DHTはテストステロンと呼ばれる男性ホルモンが5αリダクターゼと呼ばれる酵素と結合してできる物質です。テストステロンは、ヒトの骨格や筋肉の発達に...

≫続きを読む

 

プロペシアとは

プロペシアとは、病院で処方されるAGAの治療薬の一つです。2005年に日本の厚生労働省で正式に認可された、まだ比較的新しい薬といえます。主成分は、フィナステリドです。AGAの原因は、男性ホルモンの一つテストステロンが変換酵素によって変質した、ジヒドロテストステロンにあるといわれています。ジヒドロテス...

≫続きを読む

 

ミノキシジルとは

ミノキシジルとは血管を拡張させる効果がある成分として開発されたものです。高血圧の人は血管が狭くなってしまうことで血圧が上昇してしまうので、血管を拡張させて血圧を下げる降圧剤として開発されました。もともとは内服薬として開発されたものですが、内服による副作用が見つかったため、現在ではその働きにより毛髪の...

≫続きを読む

 

フィンペシアとは

フィンペシアと言う医薬品は、プロペシアのジェネリック医薬品と位置付けられています。プロペシアはAGA男性型脱毛症の用いられる医薬品であり、原因となる男性ホルモンのジヒドロテストステロンの産生を阻害する効果がありますので、治療をするには欠かせない医薬品です。ただネックもあり、保険診療ができないことで価...

≫続きを読む

 

AGA対策はプロペシアとミノキシジルで!

20代ごろから徐々に進行していくAGAは、気が付いたときには生え際がかなり薄くなっていたり、頭頂部が側頭部に向かって薄くなっていたりします。気が付いたらできるだけ早くに治療を開始することが重要で、遅れれば遅れるほど効果が出にくくなってしまいます。AGA対策として使われることが多いのがプロペシアとミノ...

≫続きを読む