AGA対策はプロペシアとミノキシジルで!

AGA対策はプロペシアとミノキシジルで!

20代ごろから徐々に進行していくAGAは、気が付いたときには生え際がかなり薄くなっていたり、頭頂部が側頭部に向かって薄くなっていたりします。気が付いたらできるだけ早くに治療を開始することが重要で、遅れれば遅れるほど効果が出にくくなってしまいます。

 

AGA対策として使われることが多いのがプロペシアとミノキシジルです。この2つの薬のうち、プロペシアは医療機関で処方されないと使用できませんが、ミノキシジルは外用薬としてならドラッグストアでも購入することができます。

 

プロペシアには薄毛の原因となる物質が発生するのを抑えるはたらきがあるので、薄毛を食い止めることができ、ミノキシジルは血行を良くするため、発毛を促すことができます。2つを併用して使用することにより、さらに効果があがるためAGAが進行していると感じた時はAGA専門の医院に行き、頭皮の相談をしてみると良いでしょう。

 

薄毛はヘアサイクルの乱れによって起こります。効果が出るまでには早くて3か月、遅くて1年ほどかかります。継続して使用したり服用したりすることが大切ですが、初期の段階で脱毛が起こることがあります。これは好転反応であるので、薬の使用を中断しないように気を付けます。

関連ページ

AGAの原因
AGAの原因
プロペシアとは
プロペシアとは、病院で処方されるAGAの治療薬の一つです。2005年に日本の厚生労働省で正式に認可された、まだ比較的新しい薬といえます。主成分は、フィナステリドです。
ミノキシジルとは
ミノキシジルとは
フィンペシアとは
フィンペシアとは