ミノキシジルとは

ミノキシジルとは

ミノキシジルとは血管を拡張させる効果がある成分として開発されたものです。
高血圧の人は血管が狭くなってしまうことで血圧が上昇してしまうので、血管を拡張させて血圧を下げる降圧剤として開発されました。もともとは内服薬として開発されたものですが、内服による副作用が見つかったため、現在ではその働きにより毛髪の発毛効果が期待できるとして外用薬の育毛剤として転用されています。

 

ミノキシジルを外用薬として頭皮に塗ると、頭皮の毛細血管を拡張します。
血管が拡張すると髪の毛を作る元となる毛乳頭細胞に必要な酸素や栄養素が行き届くようになるので健康な髪の毛が生えやすくなります。

 

さらに必要な成分がきちんと届くようになるので毛乳頭細胞の細胞分裂を早めることで髪の毛の成長を促進するので毛髪の発毛効果が期待できます。
毛根が生きていても生えることが出来ないものや、生えてきたとしても弱く細い髪の毛ではすぐにダメージを受けて抜けたり切れたりしてしまいますが、それらの髪の毛を太くしっかりしたものにして成長を促進してくれる効果があります。

 

それと同時に抜け毛の予防効果もあることで発毛のサポートを行う成分として日本でも育毛剤に配合されている成分です。

関連ページ

AGAの原因
AGAの原因
プロペシアとは
プロペシアとは、病院で処方されるAGAの治療薬の一つです。2005年に日本の厚生労働省で正式に認可された、まだ比較的新しい薬といえます。主成分は、フィナステリドです。
フィンペシアとは
フィンペシアとは
AGA対策はプロペシアとミノキシジルで!
AGA対策として使われることが多いのがプロペシアとミノキシジルです。この2つの薬のうち、プロペシアは医療機関で処方されないと使用できませんが、ミノキシジルは外用薬としてならドラッグストアでも購入することができます。