プロペシアとは

プロペシアとは

プロペシアとは、病院で処方されるAGAの治療薬の一つです。2005年に日本の厚生労働省で正式に認可された、まだ比較的新しい薬といえます。主成分は、フィナステリドです。

 

AGAの原因は、男性ホルモンの一つテストステロンが変換酵素によって変質した、ジヒドロテストステロンにあるといわれています。ジヒドロテストステロンは、成長期にある毛根細胞に信号を出し、髪の毛の成長を妨げます。その結果、髪の毛が十分に育たず、細く弱い毛や抜け毛が増えてしまいます。

 

フィナステリドには、変換酵素を阻害し、ジヒドロテストステロンが生成されるのを防ぐという働きがあります。ジヒドロテストステロンが少なくなれば、髪の毛の成長サイクルが元に戻り、強く太い髪の毛が増えていきます。こうした仕組みから、プロペシアはAGAに効果が現れるのです。

 

効果が実感できるまでには、数ヶ月かかります。髪の毛の成長サイクルは2、3ヶ月程で、元の通りの成長サイクルに戻るまでには時間が掛かるからです。また、使い始めの時期に脱毛が増えてしまう、初期脱毛という症状が見られる事もあります。結果が出るまで時間が掛かるので、まずは数ヶ月、根気よく続けていきましょう。

関連ページ

AGAの原因
AGAの原因
ミノキシジルとは
ミノキシジルとは
フィンペシアとは
フィンペシアとは
AGA対策はプロペシアとミノキシジルで!
AGA対策として使われることが多いのがプロペシアとミノキシジルです。この2つの薬のうち、プロペシアは医療機関で処方されないと使用できませんが、ミノキシジルは外用薬としてならドラッグストアでも購入することができます。