FAGA(女性男性型脱毛症)の原因

FAGA(女性男性型脱毛症)の原因

FAGAはまだあまり耳なじみのない言葉ですが、いわゆる女性の脱毛症のことです。
AGAは男性型脱毛症を指しますが、FAGAはつまるところAGAの女性版といったところです。

 

髪の悩みは男性のものというイメージが強いのですが、女性の中にも当然ながら脱毛の悩みを抱えている人も多くいます。
そこで近年はこのFAGAも一つの病気と捉え、治療によって克服しようとする女性専門のクリニックも登場しています。

 

FAGAになる原因はいくつかあります。
代表的なものは加齢によるものです。男性の薄毛は男性ホルモンの影響によるものというのはよく知られていますが、女性の薄毛にもこの男性ホルモンが影響しています。

 

男性という名称がついていますが、何もこのホルモンは男性だけのものではありません。女性にも男性ホルモンは分泌されているのです。
女性は加齢とともに女性ホルモンの分泌が少なくなります。
これによって身体に引き起こされる影響は更年期障害としても知られています。

 

女性ホルモンの分泌量の低下は更年期障害だけでなく、薄毛を招くこともあります。
女性ホルモンの減少に相まって相対的に男性ホルモンの濃度が上昇します。
それによって薄毛が進行してくるのです。女性の薄毛の場合は男性のように局所的に、例えば頭頂部だけとか、生え際が後退するというような薄毛にはなりませんが、全体的に頭髪量が減少する形で現れます。

 

また加齢以外にもFAGAになる原因があります。
それは無理なダイエットによる栄養不足や不眠、ストレスの増大などによるものです。
これらは更年期を迎える前の若い女性がFAGAになった場合に考えられる原因です。FAGAの治療は血管を拡張して血行をよくすることを主眼に置いておこなわれますが、それと同時にFAGAの原因を取り除くという作業も必要です。
したがってストレスの緩和に取り組んだり、栄養バランスのとれた食事を摂取するなど生活習慣の改善に取り組むことも大切になります。